ゆとシートⅡ(ゆと工公式)/SW2.5

“永遠の天使”フォーリン

(第二の剣/小神:ケルディオン大陸ミッドガルド地方)

聖印と神像

の聖印は、一対の羽が生えたハートの上に光の輪と真下にハートが合わさったデザインです。二つのハートは自身と相手の命が繋がっていることを表すもので、命を奪うことや分け与える意味を持ちます。神像は女性の天使の姿で描かれます。

神格と教義

 元々は、魔法文明時代のライフォス神官の家系に生まれたヴァルキリーのラヴエル・フォーリンですが、ナイトメアの魔法王を愛していましたが、戦争の最中にアンデッドと魔神によって殺されたナイトメアの魔法王の死をきっかけに、ラヴエルは死を恐れるようになり、サキュバスの寿命を奪う能力を自分のものにできないか研究をしました。
 最初は<穢れの酒>による効果で手に入れることを考えましたが、<穢れの酒>は限りがある上に、彼女が欲しいとする能力を的確に得られない可能性があり、何よりもライフォス神官の家系の彼女が、“穢れ”を得ることはリスクが高すぎると考え、寿命を奪う魔法を試行錯誤して、寿命を奪う魔法を開発しました。そのため、フォーリンは積極的に蛮族との戦いに参加し、倒した蛮族から寿命を奪うようにしています。さらに奪うだけではなく、分け与えることもでき、親しかった人を救うために自らの寿命を分け与えた。
 この魔法に加え、生死にかかわる魔法で、多くの人を助けることをしました。特に、ナイトメアの角が出産時に母体を傷つけ、それが原因で命を落とす母親を救ったことから、数々の善行がフォーリンを聖女として称えるようになりました。
 しかし、ラヴエルが寿命を延ばしすぎた結果、ヴァルキリーの寿命を超えていることに感づいて、彼女の身辺調査をしたところ、無数の蛮族や人族の犯罪者の遺体を発見しました。それを見て恐ろしくなった魔法王たちは、ラヴエルを魔に魅入られた魔女として討伐しようとします。ラヴエルと、ラヴエルを慕う者たちとの戦いで、ラヴエルは命を落としました。
 寿命への執念と目的を達成するための行為から不死神メティシエによって神格を授かりましたが、彼女自身はメティシエよりもライフォスによって神格を授かりかったと語っている。
 そのため、第二の剣の小神でありながら、第一の神や第三の神とは敵対せずに、人助けを積極的しつつ、寿命を奪う対象は悪党にだけするような計画的な教義です。そのため、自ら危険に晒すような行為は慎むようにして、悪党ではない者から寿命を奪うようなことや悪党に寿命を与えるようなことをするフォーリンの神官を破戒者と呼び、「破戒者を野放しすると、他のフォーリンの神官に悪影響を及ぼす」ため神官たちはアンデッドと魔神と同じぐらい積極的に破戒者を殺します。また、フォーリンの神官は、他の第一の剣の神の神官や第三の剣の神の神官に【ラヴエル聖霊法術(せいれいほうじゅつ)という流派を教えます。この流派のおかげで、多くの人を助けることになりました。

格言

「情けは人の為ならず、自分の利益になるため、人助けは使命である」

「突発的な行為は悪。計画は入念に行う」

「掟を何よりも守るべきもの。破るものには罰を与えよう」

備考

 フォーリンの神官は「神の分類と使用魔法の対応」においては、狂神ラーリスや英雄を導く神テケルロコと同じ「特殊な神」として扱われ、いつでも「†」「‡」の双方の魔法を使うことができます。

特殊神聖魔法

2
【ディテクト】
消費
MP1
対象
1体または物体1つ
射程/
形状
1(10m)/
起点指定
時間
特殊
抵抗
必中
属性
概要
対象を調べることで、知識判定パッケージの目標値を-2します
効果

 入念に調べる印を対象や物体につけることで、物事を理解するようになります。
 「戦闘準備」で行使できます。対象となったキャラクターもしくは物体1つに対して判定を行うとき、目標値を-2します。判定を行った後、対象となったキャラクターや物体につけていた印は消滅します。

4
【ミステイク・キャンセラー】
消費
MP4
対象
1体
射程/
形状
1(10m)/
起点指定
時間
3分(18ラウンド)
抵抗
なし
属性
概要
行使判定の自動失敗を自動成功に変更する
効果

 この効果は対象が効果時間中に行使判定で自動失敗(1ゾロ)のときに自動成功(6ゾロ)に変えたものとして自動的に発揮され、かつ、その1回きりで消滅します。

7
【デス・キャンセル】
消費
MP7
対象
1体
射程/
形状
接触/
時間
3分(18ラウンド)
抵抗
なし
属性
概要
効果

 対象が効果時間中に「生死判定」を行う場合、1回だけ2dを振らずに自動成功(6ゾロ)が出たものとして扱えるようになる。
 この効果は対象が「生死判定」が要求されたときに自動的に発揮され、かつ、その1回きりで消滅します。

10
【スケープ・ダメージ】
消費
MP10
対象
1体
射程/
形状
2(30m)/
起点指定
時間
特殊
抵抗
消滅
属性
呪い
概要
対象に負傷を肩代わりさせる
効果

 効果時間中に術者のHPに物理ダメージ、魔法ダメージが与えられたとき、それを対象に肩代わりさせることができます。それにより、術者への適用ダメージは「0」となります。
 術者は、自身がダメージを受けたときに、対象に肩代わりをさせるかどうか、その都度、自分の意志で決めることができます。一度、ダメージの肩代わりを行ったら、この魔法の効果は失われます。
 この魔法が効果を持っている間は、術者は、他の対象にこの魔法を行使することはできません。また、この魔法は《魔法拡大/数》で対象を増やすことはできません。

13
【ライフ・ギブアンドテイク】
消費
MP20
対象
1体全
射程/
形状
接触/
時間
一瞬
抵抗
消滅
属性
呪い
概要
対象の寿命を奪うもしくは分け与える
効果

 この魔法は、行使に10分を要します。対象の精神抵抗力の達成値の比べ合いで、術者の行使判定が達成値を上回った場合、対象の寿命を奪うもしくは分け与えることができます。成功した場合、術者と対象の残り寿命を知ることができます。その寿命を任意の年数だけ、対象の寿命を奪うことができます。また、術者の寿命を任意の年数だけ、対象の寿命を加えることができます。この魔法で、寿命を増やしたキャラクターは、増やした年数の間は老いることはありません。
 対象の分類が「人族」「蛮族」にのみ効果が現れます。また、対象が死亡している場合と、寿命が記載されていない種族に対しては、寿命を奪うことも分け与えることもできません。
 また、対象のHPが0以下の場合、達成値の比べ合いの必要がなく、術者の行使判定を自動成功したものとします。さらに、「戦利品の獲得」処理の2dの結果を12(6ゾロ)とします。

製作者:帰らずの大地