ゆとシートⅡ for KIZ

飛原鳳我トビハラ ホウガ

プレイヤー:Mr.Shine

てめえらキセキ使い(クズ)どもをぶち殺して金を得る。そんなクズが俺らだ。正義の味方でもなんでもねえ」

種別
オーナー
ネガイ
表:
復讐
裏:
守護
耐久値
29=(12+11+6)
作戦力
8=(4+2+1+1)

ヒトガラ

年齢28 性別
過去 身代わり:俺が代わりにあのホテルにいれば、死ぬのは違っていたんだろうな
経緯 職務:SIDの前身とある警察組織に所属していた。キセキ使いも知っていたよ。
外見の特徴 おしゃれな服装(朱いジャケット):彼女からの誕プレ。ちょっと派手すぎかな?
住居 雑居ビル:探偵事務所と兼ねている。掃除は……まあ、忙しいんだ。わかってくれ。
好きなもの 食べ物(辛い物):チリホットドッグとか、好きだね。
嫌いなもの 悪い奴:犯罪者もキセキ使いも、必死に生きてる人を踏みにじる奴は許せないね。小奇麗な恰好:あの社交場を思い出して、嫌になる。
得意なこと 徹夜:3日ぐらいは寝なくても動ける。張り込みも平気だ。
苦手なこと 女付き合い:彼女が死んでから……女には距離を取るようになったのさ。嘘をつく:どうもあいつには見透かされているような気がする。そのせいか、嘘が下手になった。
喪失 味覚(雑多な味しかわからない):もとから飯にこだわりはなかった。彼女の手料理ももう食うこともない。
ペアリングの副作用 依存症(煙草):さすがに子供の前じゃ吸わん。ハウンド? ありゃ例外だ。
使命 貫く:こんなクソみたいな思いするのは、俺だけで十分だ。
所属 フリーランス:警察は辞めた。俺のやり方で、この街を守ると決めたのさ。
おもな武器 日本刀と拳銃:剣術は修めているがね。命懸けたやり取りでご丁寧に戦ってられない。

兄貴のためなら、頑張れるッス!」

パートナー:虎威 翼とらい つばさ

プレイヤー
hei_hou
年齢
16
性別
ネガイ(表)
正裁
ネガイ(裏)
復讐
リリースの方法
額に触れる

マーカー

位置
手首
相手からの感情1
束縛
相手からの感情2
劣等感
最初の思い出
キセキ使いの捜査を行った。マンション一棟が血の海となるなか、誤ってビルを吹き飛ばすというトラブルに見舞われる。自分の奥の手でキセキ使いを倒したが、二人そろって病院送りに……。

キズナ

物・人・場所など 感情・思い出など ヒビ ワレ
銀炎事件の起きたホテル
一生忘れないよ。あの惨たらしい光景は……。
渡せなかった婚約指輪
忘れちまったほうが、多分これは幸せなんだろうな……。
パーティーの会場
悪い奴らから守るって、相棒に約束されちまった。やれやれ、“兄貴”も楽じゃないぜ。
丹羽奏
あの地獄を見たもん同士、思うところがないわけじゃない。

傷号

1
[傷名同盟]

キズアト

《傷号:傷名同盟》
ドラマ ヒトガラ タイミング 対象 制限 解説
苦手:嘘をつく 解説参照 自身 シナリオ1回 パートナーのヘルプで増えるダイスの出目+2
決戦 タイミング 対象 代償 制限 解説
解説参照 単体(バレット) なし シナリオ3回 対象の戦技とキズアトの代償を肩代わりする。

設定・その他メモ

「てめえらキセキ使い(クズ)どもをぶち殺して金を得る。そんなクズが俺らだ。正義の味方でもなんでもねえ」

「朱雀流、飛原鳳我――推して参る」

・元警察官の探偵。現在は新宿に事務所を構えており、表向きの仕事の裏で、キセキ使いの殺しを引き受けている。
・かつてキャリア組のエリート刑事だったが、同僚でもあり恋人だった織川愛菜(織川楓の妹)を銀炎事件で亡くしたのち、退職。探偵を始める。
・「キセキ使いの犠牲者」であるハウンドを使うSIDの方針に反対していたが、キセキ使いを倒すにはその方法しかないことも理解しており、ある事件をきっかけに「ハウンド」と苦肉の思いでペアリング。以降、キセキ使いを殺し、街を守るために戦っている。

・性格はぶっきらぼうで短気。キレやすい激情家でもあり、その感情の殆どは身勝手な理由で人々を苦しめるキセキ使いや、時にはただの人間の悪人に向けられることもある。
・SIDに所属している双子の弟がいる。織川楓とは前の職場からの付き合いがあり、度々復帰を打診されているが、組織そのものに息苦しさを感じていたことと、愛菜の引け目もあって断っている。
・朱雀流という剣術流派を修めた剣客。しかし、命を懸けた戦いに形振りは構ってられないとのことで、懐に隠した拳銃を使い、不意を打つことも厭わない。全体的に泥臭く戦う。

――燃え盛る 銀の炎の 向こう側 今は行けない 想い果てるまで

履歴

シナリオダイジェスト:
意識不明の人間が増えたことを受け、依頼を受けた俺たちは上流階級のあつまる社交場へとやってきた。
そこで知ったのは身勝手な善行を重ねるキセキ使いであり、そいつのせいで次の被害が出てしまう。
そんな中、俺たちは少しだけ本音を明かし合った。そして、結んだ約束も、まあ悪くはない。
戦いは……まあだいぶきつかった。おかげでキズナもそれなりに壊れちまった。
あいつが俺を守るって? 冗談じゃない。あいつに……先輩の忘れ形見に無理をこれ以上させるわけにはいかないよ。

セッション履歴

No. 日付 タイトル 成長 GM 参加者
キャラクター作成

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice