ゆとシートⅡ for KIZ

鵲 優夜かささぎ ゆうや

プレイヤー:文町

種別
オーナー
ネガイ
表:
奉仕
裏:
守護
耐久値
27=(12+9+6)
作戦力
11=(4+3+1+1+2)

ヒトガラ

年齢23 性別
過去 1.生還者 『××高校○期生』唯一の生存者。
経緯 1.遺族 同級生全員が不審な事故で死んだ。
外見の特徴 1.装飾品 隠れる場所に無数のピアス。
住居 1.マンションでハウンドと同居。
好きなもの 2.飲み物 コーヒーに異常なこだわりがある。
嫌いなもの 1.食べ物 甘いものが嫌い。自分が弱くなるから。
得意なこと 2.日常生活 家事全般が得意で潔癖。
苦手なこと 6.交流 電話が非常に苦手。
喪失 5.執着 自分の未来への執着が一つもない。
ペアリングの副作用 4.依存症 チェーンスモーカー。ガラム1日1缶。
使命 5.味方 パートナーのために寄り添い続ける。
所属 SID
おもな武器 タクティカルバトン(近接武器)、グロック19(拳銃)

パートナー:雲雀 悰士ひばり そうじ

プレイヤー
ぜろつー
年齢
18
性別
ネガイ(表)
復讐
ネガイ(裏)
復讐
リリースの方法
ハウンドの手首を掴む

マーカー

位置
手首
相手からの感情1
親愛
相手からの感情2
安らぎ
最初の思い出
5年の歳月をキズナ使いの調査に費やし、ついにSIDの職員となった鵲は、自身のパートナーと出会うべく施設の地下室へ向かった。そこで出会ったのは、あの日から何ひとつ変わらない、自分が探し求めていた旧友だった――
ファミレスでぎこちない会話。野良のキズナ使いが通りを歩き、人を襲い始める。ガラス越しに拳銃を一発撃ち込み、それが効かないと見るや、ハウンドがオーナーの手を取り勝手にリリースする。
鵲が「外だと落ち着かないな。家で食べ直そうよ。何が食べたい?」と聞くと、学生時代、林間学校で鵲の作ったカレーのことを思い出した雲雀は「お前のカレーが食いたい」と言った。そうして2人は家路に着くのであった。

キズナ

物・人・場所など 感情・思い出など ヒビ ワレ
林間学校
楽しかった学生時代の記憶。いまや相棒以外に共有できる者はいない。
第2ボタン
雲雀の遺体から形見として取ったもの。ペンダントトップにしている。
バーにキープしたボトル
復讐が終わったらもう一度酒を飲む。
フレンチトースト
前は焦がしてしまった。今度はしっかり作り直す。
ゲームセンター
お互いが変わっていないことを確認できた場所。
ちょっといいお店
結局行けずじまいだったフレンチレストラン。
旅の約束
懐旧の思い。

キズアト

《目付縫い》
ドラマ ヒトガラ タイミング 対象 制限 解説
好き:監視する 常時 単体 シナリオ1回 調査判定の後、ダイス1つに出目を+1する。
決戦 タイミング 対象 代償 制限 解説
ダメージ軽減 単体※ 【励起値】2 ラウンド1回 対象のダメージを3D点減らす。対象がバレットの場合2D+5点減らす。

設定・その他メモ

高校三年の卒業式当日、自身が乗る電車で人身事故が発生、2時間の遅刻をして学校にたどり着く。
式が行われているはずの体育館に辿り着くと、そこには空っぽの椅子だけがあった。壇上に一人の男が倒れている。
駆け寄って姿を認めると、自身の親友である雲雀であった。
彼の心臓が止まっていることに気づき慟哭する鵲は、反射的に彼の胸に残っていた第2ボタンをむしり取る。
そこからの記憶はハッキリとしない。同級生は全て行方不明となっており、雲雀の遺体の行方も分からなかった。
大学で臨床心理学を学びながら卒業式の事件を追っていくうち、ついにSIDへと辿り着くのであった。

セッション履歴

No. 日付 タイトル 成長 GM 参加者
キャラクター作成
1 22/05/23 リッパーズ・ジャスティス 先制値+1 からすば晴 ぜろつー文町
2 22/07/27 エゴイスティック・サイレン 先制値+1 からすば晴 ぜろつー文町

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice