ゆとシートⅡ for KIZ

深海 恵琉ふかみ めぐる

プレイヤー:お姉様

種別
オーナー
ネガイ
表:
奉仕
裏:
究明
耐久値
25=(12+9+4)
作戦力
9=(4+3+2)

ヒトガラ

年齢27 性別
過去 「孤独」長い間ひとり孤独に生きてきた。
経緯 「好奇心」興味本位で調べるうちにキセキ使いを知った。
外見の特徴 「特徴的な目」紫色の目は珍しい…らしい。
住居 「同居」一緒に住んでいる。
好きなもの 「運動」走ること。
嫌いなもの 「食べ物」食べることが嫌い。
得意なこと 「運動」走ること。
苦手なこと 「芸術」見るのも作るのも苦手。
喪失 なし。
ペアリングの副作用 「恐怖症」暗所恐怖症。
使命 「悪」手段を選ばず戦い続ける。
所属 SID
おもな武器 ピアノ線

パートナー:

プレイヤー
年齢
21
性別
ネガイ(表)
奉仕
ネガイ(裏)
破壊
リリースの方法
ハイタッチ

マーカー

位置
相手からの感情1
依存
相手からの感情2
劣等感
最初の思い出
いつもすることといえばお互いの共通の好きなことである運動ばかり。
たまには他のことをしよう。泳げないからせめて海の生き物を見たい。
そう言って連れてこられた水族館。
なるほど、存外楽しいものだと思っていた最中、キセキの使いの襲来。
「たまには外に出たほうがいい」

キズナ

物・人・場所など 感情・思い出など ヒビ ワレ
水族館
運動関連しか活力がない自分を彼女は水族館へ連れ出した。
白の嬉しそうな顔
ぬいぐるみを買ってやっただけなのになんであんなに喜んだのだろう。
公園にあるカフェ
運動後の水は格別だ。でもまあ…その最高の気分を彼女と共有するのも悪くない
ハーブティー
細やかな気遣いが身体と心に沁みる、同時に実感するのは彼女が動く死体という事実

キズアト

なし

設定・その他メモ

外見には無頓着。
最低限人間としての尊厳を保てればいいと思う。
ランニング以外であまり外に出たくないというか人と関わりたくない。
家族もおらず、ずっと孤独に生きてきた。研究だけが自分の生きがいだった。
そんな中彼女と出会った。
初めは疎ましく感じていたが共に過ごすうちに何かあたたかいものが芽生え始めた。
いつも自分に身の回りの世話を焼いてくれる彼女。
表には死んでも出さないが、彼女を失うのが怖い。ずっとそばにいてほしい。
そんな彼女のことさえも研究のためなら危険に晒すことができるのだろうか?
それはまだ自分でもわからない…。

セッション履歴

No. 日付 タイトル 成長 GM 参加者
キャラクター作成

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice