ゆとシートⅡ(ゆと工公式)/BLP

ジルコン・ミドルリバー

プレイヤー:

悪魔に魂売ってでも遂げなきゃいけないことがあるだけさ。…なんてね」

ファクター
人間
信念
傀儡
職能
術士
練度
1
能力値
10
8
副能力値
耐久値
28=(10×2+8)
先制値
18=(8+10)
年齢
20代
性別
その他
所属
SID
人狼でも警察やってるからね
過去
喪失
業血鬼に初恋の無性別・ハルナを惨殺された
経緯
スカウト
邪神(と呼ばれる吸血鬼)降臨儀式阻止したらお呼びがかかり……
喪失
"紅"
赤色は全て不自然に塗り潰された黒(ベンタブラック)に見える。ただ唯一、血盟が纏う紅を除き。血盟が傍に来れば来るほど、他の紅が見えるようになる
外見的特徴
美しく鮮やかな青緑の瞳
魔眼:碧星の瞳
住まい
どこぞのタワマン
最初、ジルコンはアパート ハインは保護寮に住んでいたが、ハインが保護寮に入寮してから吸血鬼同士の決闘が"何故か"頻発するようになったため、ジルコンに全ての世話を一任することにした。監獄にブチ込め?さっきSIDのお偉いさん(響子ちゃん)が「監獄をスイートルームと勘違いしている鳥羽赤也と一緒にする勇気はありません」って言ってた
使用武器
呪符
とある大魔女が二百年程前に開発した魔道流派の術式を使用している
傷号
碧星の瞳
注視した者の潜在的な力を引き出す最も希少な魔眼。普段は精気の流れを押さえ、「ただの青い瞳」に偽装している。
ジルコン・ミドルリバーの切り札。自分自身に使い一時的に魔力増大させる。

血契:ハイン

プレイヤー
起源/流儀
源祖/奏者
外見年齢/実年齢
28/?
性別
なし
欠落
悲しみ

痕印

位置
背中
形状
天使の羽根
相手からの感情1
支配欲
相手からの感情2
天使
約束
1:毎日10秒は俺の眼を見ること ハインにしたら優しい約束 2:吸血するときは吸われたい部位を告げた上でジルからお願いしてほしい 希望を聞くとは一言も言っていない 3:寂しくなったと自覚して'しまったら'ダッシュで俺に会いに来ること 夜中だろうが会議中だろうがダッシュで来てね!

血威

名称タイミング対象解説
闇明視 いつでも 解説参照 裏向きの[生命カード]2枚を表にする。(P.151)
忠の歯車 戦闘不能 自身 戦闘不能回復。耐久値全回復
魔の絶式 いつでも 単体※ 対象の11以下のカードを即座に破壊。モブエネミーは即座に戦闘不能。

特技

名称タイミング対象代償条件解説
傷号:碧星の瞳 いつでも 単体※ 【耐久値】-5 シナリオ3回 捨て札から任意のカードを1枚手札に加える。この特技を二回以上使用した場合、終幕フェイズで山札から一枚引き、Aが出た場合死亡。主にたゃの血威代償確保のために使う。
術具展開 開始 自身 クラブ1枚 なし 先制値+2 破壊値+2
リスクコントロール 解説参照 単体※ 1枚 なし 対象のダメージを代わりに受ける。ダメージ算出直後に使用。
傷号:碧星の瞳 いつでも 単体※ 【耐久値】5 シナリオ3回 対象は捨て札から任意のカードを一枚手札に加える。この特技をシナリオ中二回使用した際は終幕フェイズで山札から一枚引く。それがAだった場合死亡する

設定・その他メモ

「僕に応えろ、メフィストフェレスーーー!」
「残念。そこは僕の視界内(・・・)だ」
「あは、君の手の内は全部お見通しだよ」

書くことある? もうログが"""全て"""だよ。
なので今回はちょっと変わり種のキャラシをば。

題してキャラの深掘り質問をキャラシとして提出しようの会!
https://shindanmaker.com/531841 )様よりお借りしました!
名前を変えて三通り、九つの質問。

「足は何の為についている?」

対普通の人
「そんなの決まってる。君とデートするためさ!」
対たゃ
「お前と踊るためだ。でも忘れないでね、このゲームの勝者はこの僕だ」

「『Like』と『Love』の違いは?」

対普通の人
「わかんないな。ね、僕に教えてくれる?君は僕にlikeなの?それともloveなの?」
対たゃ
「のめり込むのがlike、捧げるのがlove」
彼は本当は愛されることに自信が無い女

「喋るスピードは、早い?ゆっくり?」

これは普通だね!ジルは滑舌も良く、声が通るイメージです。可愛い中性的な声してます。なんか歌い手さんみたいな声してる。
ジルの舌は普通に回ります。美容師さんからよく声優さんですか?って聞かれる。
たゃの前でアリアを高らかに歌い上げる完堕ちジルってよくないですか。そのためにたゃから歌を習うんだよな。「僕に歌わせたいの?……じゃあ、ねえマスター。この喉に音を当てはめてくださいませ。そうしたら僕はあなただけの金糸雀になりましょう…」ってくすくすって笑ってたゃの膝の上に乗る。雌猫の風格。この雌猫、地獄の亡者に流し目を送って弄ぶくらいは普通にしてそう。こわひ。誰だお前は。私のジルはもうちょっとこう…こう…なんだ…? 私のジルをどうしたんだ、たゃテメエ!!!!!

「今 履いている靴下はどの様なもの?」

対普通の人
「え?ユニクロの普通のやつ~。サイズ23.5だよー。…いきなりどうした?なになに?僕とお揃いにしたいの~?かわいいじゃ~ん」
対性癖壊れ三銃士
「売らねえぞ」 (※以前、ジルの使用済み紙コップをオークションに出品されたことがある)

「貴方にとって『正義』とは?」

「ああ、あの為政者のおためごかしのこと?」
ジルに限らず、ウチの子はだいたい正義を重要視しません。掲げたらろくでもないことになると私が思ってるので、うちの子も本能レベルで嗅ぎ取るのでしょう。中にはあえて正義を愛する者もいますが。

「生理的に受け付けないものは?」

対普通の人
「ゴのつくあの虫!!あれだけはきら~い!!」

本当は、あの燃え盛るモノが
瞳を刺すあの色が

「服薬している薬はある?」

「えー、そんなの無――――いよ!!やだぁ、僕ってば超健康だしね!!」
一瞬頭に過ったのは、直吸いの夜。
溺れるようなあの蜜毒は…服用に当たるのだろうか?

「嘘を一つ、ついてください。」

対普通の人
「ん?いーよ。―――君のこと、顔も見たくないくらい大っ嫌いだぜ♡」
対三銃士
「あっちに何度爆破されても死なない触手が大量のモンスターがい ………秒で釣られるじゃん……やべ……。大上、うまく処理してね。がんばってね。強く生きてね」
対たゃ
「んー?今は嘘つかないよ。お前がこの話を忘れた時、ひょいっとついてびっくりさせてやるよ」
――――という、嘘。この後さらっと『そういえば僕、業血鬼の傷号のせいでオンナノコになっちゃってさ』とか言い出す。

「最近 物を借りたのは何時?」

「あー、一昨日佐藤さんからボールペン借りたのが最近だね!ちょっとインク切れててさー………ん?なに?僕のスーツがどうしたの。……僕のサイズよりちょっと大きい?…気のせいじゃない?なに。袖口のボタン?ああ、取れてるけど…………。……フェレスのスーツも袖口のボタンが取れてた?
………。あ、あー!バレちゃったかー!あはは、恥ずかしいから内緒にしてね?実は僕のスーツ濡れちゃってさ!!その―――牛乳零しちゃって!だからフェレスのやつ借りてんだ。マヌケでしょ~?ほんと、恥ずかしいから誰にも言わないでね?その、もう着られる状態じゃないから新しいの買うまでの間……え?替えのスーツ?ああ…それは……蜂蜜零しちゃって……そう、全滅して……はは…。うん。まあ僕にだって手落ちはあるさ。恥ずかしいから誰にも言わないでね?…うん。いや。大丈夫。うん。週末新調するから。それまでフェレスからね……恥ずかしいから誰にも言わないでね?」

(関連:置きレス/パルマの汚泥の調査のために相方に自白剤を飲ませた件)
お仕置きでスーツでの着衣プレイをどろどろになるまでやったらしいです。
ネクタイで手首を縛るのっていいよね。

セッション履歴

No. 日付 タイトル 力の向上 GM 参加者
キャラクター作成

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice