SW2.5データ置き場

漣 (そら)(“蒼雹の”レンディナル)

プレイヤー:夜来鳥

さ、解除解除! 痛そうなのも凄くやだけど、都が僕以外で興奮するとかもちょっと許せないし!」

種族
ドレイク(ブロークン)
性別
年齢
200
種族特徴
[暗視][限定竜化]
生まれ
元・魔術師
信仰
ランク
穢れ
3
12
9
9
1
6
2
3
16
10
成長
0
成長
1
成長
0
成長
2
成長
1
成長
1
器用度
13
敏捷度
19
筋力
11
生命力
14
知力
26
精神力
20
増強
増強
1
増強
増強
増強
1
増強
器用度
2
敏捷度
3
筋力
1
生命力
2
知力
4
精神力
3
生命抵抗
8+-1=7
精神抵抗力
9+-1=8
HP
32+-3=29
MP
35
冒険者レベル
6
経験点
550

17550

技能

フェンサー
6
フェアリーテイマー
5
スカウト
3

一般技能

●不適合な剣士
6
・フェンサー技能を基準とした判定で6以外のゾロ目の場合、半失敗する
・フェンサーの成長不可
●素質と技能の喪失
・真語魔法と操霊魔法を取得不可。
・真語魔法と魔法文明語の知識
5
●魔神化
0

戦闘特技

  • 《ターゲッティング》
  • 《鷹の目》
  • 《魔法収束》

練技/呪歌/騎芸/賦術

  • なし

判定パッケージ

スカウト技能レベル3 技巧 5
運動 6
観察 7
魔物知識
0
先制力
6
制限移動
3 m
移動力
20 m
全力移動
60 m

言語

会話読文
交易共通語
汎用蛮族語
ドレイク語
交易共通語
魔法文明語
妖精語
エルフ語

魔力

フェアリーテイマー技能レベル5 妖精魔法(炎水光闇) 9
技能・特技 必筋
上限
命中力 C値 追加D
フェンサー技能レベル6 6 8 -1 7
武器 用法 必筋 命中力 威力 C値 追加D 専用 備考
(マナスタッフ予定) 2H 3 +1=9 13 12 7 魔力+1 :6800G(なし)
折れた魔剣 1H 3 +1=9 3 10 +1=8
0 0
〇不適合な剣士 0 0 命中判定で6以外のぞろ目の場合、自動失敗となる。
技能・特技 必筋
上限
回避力 防護点
フェンサー技能レベル6 6 9
防具 必筋 回避力 防護点 専用 備考
クロース 2 15G
“都の♡”バックラー 1 60G+プライスレス。漣のやる気+∞。たからもの♡♡
〇不適合な剣士 回避判定で6以外のぞろ目での成功の場合、半減ダメージを受け、転倒。
合計:すべて 10 2
装飾品 専用 効果
宝石ケース 10レベル宝石*6 :100G+1500G
予備:ひらめきの眼鏡 見識、探索判定+1(なし)
銀色の首輪(誓いのアンクレット亜種) イベントアイテム。外れない国からの首輪。 :-G
背中 フード付きマント イベントアイテム。普段はフードは被っていない。 :ーG
右手 知性 500G
左手 アンチドーテリング(薬指) 達成値21以下の毒属性に自動抵抗、および、同、HPMP減少効果を無効化。 :3000G
身守りのサンダル 足元の罠回避判定+2 :2000G
俊足 500G
所持金
0 G
預金/借金
0 G

所持品

●消耗品
・アウェイクP:100G  残:1
・魔晶石 [5*1,3*0,1*0]
・消魔の守護石 [5*0]
・消魔の蓮 [0] (1d6-1)の魔ダメを軽減。売価150Gの非売品。
・陽光の魔符 [+1=0、+2=0、+3=0] 
・月光の魔符 [+1=0、+2=0、+3=0] 
・売価高いカード数:


●道具
・冒険者セット:100G
 (背負い袋、水袋、毛布、たいまつ0本、ほくち箱、ロープ0m、小型ナイフ)
・ベルトポーチ:15G
・綺麗な着替え:20G
・罠感知の棒:150G  2Hで持つ。罠回避判定+1
 

名誉点
4
ランク

名誉アイテム

点数
冒険者ランク

容姿・経歴・その他メモ

●経歴
・ドレイクナイト、“紅霞の”ナグーザーバラの弟とされているが、実際の出自は不明。
 本名は「レンディナル」といい、兄と対で“蒼雹の”という2つ名を一応持つ。漣は本名をもじった仮の名前。
・皮膜ではなく羽毛の翼を持つ亜種竜であったため、表向きは従う者達からも、影では異端とさげすまれている。
・また、人型の容姿が大変美しかったため、兄の影武者(旧)をはじめ、多くの有力蛮族から性的関係を強いられた。
・力をつけても上には上がいて、権力は得られず、ついに生きる意味を失いだしていたころ、幼い、都に出会う。
・都に出会ったその時はたまたま死闘の直後で、本性の姿、羽毛の生えた奇怪な竜を、けれども都は綺麗だと言った。
 傷をいたみ、たどたどしくも優しく手当を施した都。その時の都の笑顔こそ、漣にとっては何よりも美しく、輝いて見えた。
・それからも、何度か都の様子を見に行った。ごく普通の、貧しい、けれども明るい家庭に育っている様だった。
 多くは人型で物陰からこっそりと、たまに、都が一人になることがあれば本性の姿で会いに行った。
 つま弾きもののドレイクなどとの関わりが他に知れることで、彼の生活を壊したくはなかったからだ。

・しかし事件は起こる。魔神が、突如、都の暮らしている一帯を襲った。
 漣がそれを知ることができたのは、全てが終わった後だった。駆けつけた時にはすでに遅く、漣は、都の遺体を発見した。
・諦めることは出来ない。けれども、当時の漣は真語魔法しか操ることができない、魔法剣士だった。
 操霊魔法を修めてはいても、他の蛮族などはあてにできない。かといって、人族に知り合いなどいない。
 時間もない。もし、都の魂が余分な穢れを帯びることになってしまったら……取り返しがつかないことになってしまう。
・漣は、1つだけ、以前手に入れていた《魔神化血清》を都に使った。
 都に起こった変化は、漣の強い憧れを映したかのような黒い皮膜の翼。その事実が、漣の身勝手を責めているように感じた。
・都は命を吹き返したが、幼い身体や精神には負荷が強すぎたのか、目覚める様子はなかった。
 漣はまだ残る魔神達から都を護り抜き、そのまま、都を連れて街を出る。こんな危険な場所においては置けなかったから。
・その過程で、漣の魔剣は折れてしまった。けれども何も後悔はない。
 気力だったのか、そういう体質だったか、変化は直ぐには訪れることはなく。漣は都を連れ他国に逃げ延びることができた。
・駆け込んだ先は、慈悲を謳う“月神”の神殿。そこで、都のこれからのこと、それだけを願った。
 「僕は、拘束すればいい。何でも話すし、受け入れる。でも、この子は、都は人間だから…!
  この翼は《魔神化血清》の影響だ。こんなに小さいのに、生きたかったのに、死んでしまった。この子の両親も。
  だから、頼む。この子がこの先を健やかに生きて行けるようにしてあげて欲しい…!」
・呼ばれた大司祭により都のことは受け入れられ、漣は一度拘束されたらしいが、その途中で昏倒したためよく覚えていない。
 数日後、目覚めた時には全ての力を失っていることに気づき、魔剣を失った影響であるとわかった。
・目覚めるまで待ってくれていた大司祭に包み隠さず全てを話し、漣は国に預かられることになった。
 探知用の首輪もつけられたが、爆発などはしないようなので、寧ろ処置としては緩い部類だと思った。
・ヴァイスシティの実情を知る参考人として証言する以外には、リハビリをこなすだけの緩やかな日々。
 穢れが薄れたせいか、妖精が応えてくれるようになったので、以前と違う道を選びたくて妖精使いになった。
・都は、遠縁である老夫妻が国内に見つかったらしく、そこに引き取られたと聞いた。
 角を折り、国内を騒がせない姿になることで、時折は様子を見に行くことも許された。幸せそうな様子に安堵した。

・10年ほどが過ぎ、老夫妻が死亡した。老衰による和やかな最期だったという。
・都がヴァイスシティへ向かうと聞き、助力に向かいたいと国に願い出た。
 国としても、丁度あの街には用があったらしく、密使を引き受けることで都への同行を許された。
・本当は、都にはあんな危険な街にはもう関わって欲しくはない。でも、その意思を縛る気はないのだ。
 だから、今度こそは護り通そう。必ず、この命に代えてでも。
・奇形のエルフとして仲間となったが、都に真実を告げる気はない。身勝手さを打ち明ける勇気がないのだ。
 ただ、その優しさに甘えて、幸せな時間を過ごしたい。例えそれが、街から戻るまでの限られた夢なのだとしても。
 
 
●台詞一覧
・「大好きだよ、都。愛してる。僕はきみのためならなんだってできると思っているんだ」
・「僕なんかのこと、気にかけてくれるの、本当に嬉しいんだよ。ありがとう。……だいすき」
・「『そら』…っていう、名前に、憶えはありません、か」
・「何があったかな。えーと、“紅霞”の弟だってぐらいかな?」
・「ごめんね。僕、もう、都が好きだって言ってくれたあの姿には、なってあげられないんだ」
・「僕、街を出たらそこで繋がりは終わるって思ってた。……だから、少しでも、その先に繋がってる感じがするの、凄く嬉しい」
・「都……。べっど、くっつけたい」
・「ありがと、都♡ すっごい幸せ! ねぇねぇ、都もあーんする? してもいい?」
・「わぁ、すごい」棒
・「さ、解除解除! 痛そうなのも凄くやだけど、都が僕以外で興奮するとかもちょっと許せないし!」
 

セッション履歴

No. 日付 タイトル 経験点 名誉点 ガメル 成長 GM 参加者
キャラクター作成 10500 0 1200
1話 1840+0 1 0 生命
2話 2370+0 3 0 生命
知力
3話 1080+0 0 0 精神
4話 1710+50 0 0 敏捷

履歴

●1話
・都に再会。ギルド証はあっても、怪しい奇形エルフを迎え入れてくれるなんて、都はやっぱり優しい♡
 こうして会話するのは初めてだね。ぽんぽんと軽妙に返される言葉が小気味よくて、心地よくて。幸せで泣きそうだ。
・新たに誘と澪というエルフが道連れに。寛容で男前な都。やっぱり優しいし凄くカッコイイ♡ 大好き!
 <ヴァイスマスク>のことを追及されて、嘘はつきたくなくて「僕の遺品」って言っちゃったけど。……感づかれないよね?
・誘澪のお父上は10年前の魔神襲来での戦いで無くなったらしい。もしかしたら、「あの現場」にいたのかも。
・厳しく接しつつも、クロードやエミーを助けるつもりでいる都はやっぱり優しい♡ 大丈夫、僕も協力するからね!
・昔、都の家があったあたりで、都は事件の日を思い出したみたい。悲しいことを思い出してほしくはないな……心配だ。
 都のことは僕が護るよ。今度こそ、命に代えても護るよ。絶対に、二度と殺させない。死なせたりしない。
・アパートに僕と都の愛の巣ができた! 都はその気じゃなくても、嬉しい♡ 疲れて眠たげな都のお世話をするのも幸せだ♡
 寝顔をうっとり眺めてたら、うっかり床で寝ちゃって怒られた。でも、嫌がるよりも心配する都はやっぱり優しくて大好き!
・朝、都が大好物の甘い卵焼きを作ってくれた! 美味しい!! 都の手料理とか、ほんとに幸せでどうにかなっちゃうよ!
・森で、都に抱っこされちゃった!!!♡ 小川を越えるためだって、みんな運んだのも分かってる。でも! でも!!
・エドガーの脅威。都が毒を飲むことにならなくて、本当によかった……! これだから、この街は気が抜けない。
 
●2話
・日付にして3日目にして、問い詰められて大体全ての過去を白状。……うーん、予想より大分早い。都ってすごい。
・媚薬は最悪だ。我慢できるつもりだったのに、都にすっごい迷惑をかけてしまった。都、僕のこと、呆れてないかな……。
 触れてもらえたのは、どんな形であれ嬉しいし幸せ。でも、やっぱり、都が困るような形はいやだ。
・誘と澪に過去魔法戦士であったことを話す。いずれ正体も知られるところになるだろう、けど。今は未だ、少し怖い。
 
●3話
・エミーちゃんが無事快癒方向に。ほっとする都は優しい♡ それを見てると、僕も嬉しい。
 
●4話
・都のおさがりの小楯を貰ったり、<アンチドーテリング>をお揃いで薬指に填めてもらったり♡
 ままごとのような、おねだりの結果でも構わない。受け入れてくれること、それだけで天にも昇る気持ちなんだ!
・都がニルフェに親密に接するのに少し妬ける。優しいのはいい。そういう都が好きだから。
 でも妬けてしまうのはきっと仕方がない。花梨ちゃんに実際あったら、やっぱり少し妬けてしまうんだろうな。
 前はそんなことなかった。妬くほど期待なんてできなかった。少しずつ、気持ちが我が儘になっていく。
・都にあーんしてもらった!! 嬉しい! 嬉しい! お返しのあーんも受け入れてくれて、本当に幸せだよ!
 「挿し餌?」って聞かれたけど、やだなー♡ 僕の心も身体も、とっくにぜーんぶ都のものなのに♡ ふふw
・倒しても倒しても湧いてくる敵に都はちょっとお疲れみたい。そろそろ【36:時計塔屋敷】に戻ってゆっくりしたいね♡
・願い虚しく帰路でも魔神の群れに遭遇。創もそこにいるとなると無視も出来ず、撃破。みんなかなり消耗してる。
 しかも、都はなんか変な光線で興奮させられてるし!! 僕以外でとか嫌だよ! ホントは僕だけ見ててほしいんだ。
 

チャットパレット