ゆとシートⅡ(ゆと工公式)/SW2.0

チキラ

プレイヤー:りりけん

種族
人間
年齢
14?
性別
TS女
種族特徴
[剣の加護/運命変転]
生まれ
冒険者
信仰
穢れ
3
6
11
3
6
7
8
11
8
成長
0
成長
0
成長
0
成長
2
成長
0
成長
1
器用度
6
敏捷度
9
筋力
13
生命力
16
知力
22
精神力
20
増強
増強
増強
増強
増強
2
増強
器用度
1
敏捷度
1
筋力
2
生命力
2
知力
4
精神力
3
生命抵抗
6
精神抵抗
7
HP
28
MP
32
冒険者レベル
4

経験点

使用
7,000
残り
100
総計
7,100

技能

フェアリーテイマー
4
セージ
2
アルケミスト
1

一般技能

貴族
5
料理人
5

戦闘特技

  • 《魔法拡大/数》
  • 《魔法誘導》

賦術

  • 【パラライズミスト】

非戦闘判定

セージ技能レベル2 知力
アルケミスト技能レベル1 知力
魔物知識
6
先制力
0
制限移動
3 m
移動力
9 m
全力移動
27 m

言語

会話読文
交易共通語
地方語(ダグニア)
妖精語
魔動機文明語
汎用蛮族語
バルカン語

魔法/賦術

魔力行使/賦術
基準値
ダメージ
上昇効果
専用
フェアリーテイマー技能レベル4 妖精魔法

0

2

0

2

2

0
8 8 +0
アルケミスト技能レベル1 賦術 5
技能・特技 必筋
上限
回避力 防護点
技能なし 13 0
防具 必筋 回避力 防護点 専用 備考
ソフトレザー 3
合計: すべて 0 3
装飾品 専用 効果
宝石ケース セット宝石ランク 光4 風10 水2 なし
右手 叡智の腕輪
所持金
38 G
預金/借金
G

所持品

消耗品

松明6本
食料7日分
ロープ10m
アウェイクポーション
Gポイント150
魔香草×2
熱狂の酒

冒険道具

マナチャージクリスタル4点
背負い袋
毛布
水袋
着替えセット
火口箱
ナイフ
食器セット
調理道具セット

特殊アイテム

緑光のエメラルド
宝石飾りに装備可能な宝石 風ランク10  風属性の妖精魔法消費MP-1

マテリアルカード

BASSS
12
名誉点
20 / 20
蛮族名誉点
盟竜点

名誉アイテム

点数
称号:愛狂う獣の討伐者0

容姿・経歴・その他メモ

概要

本名 チキラペッチェ=ファン=ルットチュック

ダグニア地方バルナッド共和国ユーク川沿岸のルットチュック市区のルットチュック家の三女
父親はルットチュック市区長で評議員議員、祖父が冒険者から成り上がった二代目議員である
チキラは肉体は女性であるが前世らしき記憶をわずかに持つ精神的な男性であり、婚約予定者の性癖に耐えられず家出した
その後、流れに流れてザルツ地方はフェンディル王国に流れ着き、冒険者としての職を得ることとなる

前世でとった(と思われる)杵柄である妖精魔法を駆使し両親に申し訳が立つ程度の名声を得ることを目指す

経歴


D-3-4 自分のモノではない記憶がある
A-2-2 裕福な家に生まれた
C-2-2 家族から探されている

詳細

 チキラペッチェ=ファン=ルットチュックは祖父が冒険者から評議員まで成り上がった比較的新興のユーク川沿岸を差配するバルナッド共和国富裕層の6人兄妹の末っ子として生を受けた。
 5歳の時に弟が生まれて7人兄妹になるまで愛情をたっぷり受けて彼女はお転婆に育ち、淑女教育をブッチして9歳の時に弟を従えて木登り中に枝を踏み外して落下した。 そして思い出してしまった。

『オレ、男だったじゃん』 

 突如溢れ出る存在したような気がする記憶、詳細は不明だがチキラは前世が男だったっぽかった事を思い出してしまった。

 何故か出来るようになった料理、喋れるようになった妖精語、前世の年齢は不明なれど齢9歳にして彼女は自身の在り様に苦悩した、男なのか、女なのか、大人なのか、子供なのか、いったい自分は誰なのか
 家族への負い目、前世への怯え、今の自分は本当のチキラを殺しているようなものなのではないか、苦悩は2年続き、家族は急に変わってしまった娘を心配したものの暖かく見守ってくれていた。
 そしてチキラはその家族の愛に気づいた、チキラは決心した、前世がなんであろうと家族の愛に応えて生きてゆこうと、その日から彼女は真面目に淑女教育に取組み家族との時間を大切に過ごした

 それから3年、成人も間近になった彼女に婚約者が出来ることとなった、同じバルナッド共和国評議員の子息で3歳上の男性だ。
 精神的な男性であるチキラの性嗜好とは異なるものの政略結婚は良家の子女の運命であるとチキラはそれを受け入れる覚悟をし婚約者との初めての顔合わせに彼の屋敷へと向かった

 婚約者宅から帰ってきた日の晩、チキラは家を出奔した、置き手紙には家族への謝罪や先方には自分が悪い事にして自身を離縁して欲しい等の内容が淑女教育の賜物である修飾語句を用いて書かれていたが肝心の出奔理由に関しては要約すると以下の通りだ。

『いくら面が良くても、ラベリングしてメイドハーレムのおしっこ飾ってる相手との結婚は無理っす』

 かくして出奔したチキラは流れに流れてザルツ地方にたどり着き冒険者としての一歩を踏み出した。


セッション履歴

No. 日付 タイトル 経験点 ガメル 名誉点 成長 GM 参加者
キャラクター作成 5,500 2,500 0 生命×2
初期分 100
1 FC『微睡みの寝床亭』第3話】 1,500 762 20 精神
斎藤さん レイヤルーティパンセラ·オンカチキラ

収支履歴

冒険者セット::-100
食料一週間分::-50
消耗品::-8

宝石ケース::-100
光宝石ランク4::-200
風宝石ランク2::-100
水宝石ランク2::-100
食器セット::-12
調理道具セット::-50

アウェイクポーション::-100

ソフトレザー::-150
叡智の腕輪::-1000

アルケミーキット::-200
緑Bカード15枚::-300

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice