ゆとシートⅡ(ゆと工公式)/SW2.0

“錬命術師”イナール・ヴァリアンス

プレイヤー:イナール

種族
レプラカーン
年齢
19
性別
種族特徴
[暗視][見えざる手][姿なき職人]
生まれ
神官
信仰
“狂神”ラーリス
穢れ
10
5
8
11
5
6
7
6
11
成長
4
成長
1
成長
6
成長
3
成長
2
成長
1
器用度
25
敏捷度
16
筋力
17
生命力
15
知力
16
精神力
20
増強
増強
増強
増強
増強
増強
器用度
4
敏捷度
2
筋力
2
生命力
2
知力
2
精神力
3
生命抵抗
11
精神抵抗
12
HP
42
MP
71
冒険者レベル
9

経験点

使用
58,000
残り
2,000
総計
60,000

技能

プリースト(ラーリス)
9
デーモンルーラー
8
レンジャー
7
セージ
7

戦闘特技

  • 《魔力撃》
  • 《魔法拡大/数》
  • 《マルチアクション》
  • 《魔法誘導》
  • 《ダブルキャスト》
  • 《治癒適性》
  • 《不屈》
  • 《鋭い目》
  • 《弱点看破》

練技/呪歌/騎芸/賦術

  • なし

非戦闘判定

レンジャー技能レベル7 器用 11
敏捷 9
知力 9
セージ技能レベル7 知力 9
魔物知識
9
先制力
0
制限移動
3 m
移動力
16 m
全力移動
48 m

言語

会話読文
交易共通語
魔動機文明語
魔法文明語
魔神語
地方語(ヒルチャール)
地方語(フィッシュル大図鑑)
汎用蛮族語
ドラゴン語

魔法

魔力行使
基準値
ダメージ
上昇効果
専用
プリースト技能レベル9 神聖魔法 11 11 +0
デーモンルーラー技能レベル8 召異魔法 10 10 +0
技能・特技 必筋
上限
回避力 防護点
デーモンルーラー技能レベル8 17 10
防具 必筋 回避力 防護点 専用 備考
クロースアーマー 1 0 2
合計: すべて 10 2
装飾品 専用 効果
ベルトポーチ 大量の消耗品を入れておける
所持金
110,023 G
預金/借金
0 G / 0 G

所持品

【常備品】(基本的に荷馬で運ぶ)
冒険者セット
水袋(追加購入)
食器セット
調理道具セット
火縄壺
テント(4人用)
着替えセットと下着(1週間分)
水着
防寒具
保存食 18日分

荷馬 名前 : スフレ

【消耗品】(ベルトポーチに入れている)
救命草 5個
魔香草 18個
魔晶石(2点) 16個
ヒーリングポーション 10個
アウェイクポーション 5個

名誉点
0 / 0
蛮族名誉点
盟竜点

名誉アイテム

点数

容姿・経歴・その他メモ

身長 : 132㎝
体重 : 45kg
スリーサイズ : B90/W50/H70 (ロリ巨乳)
一人称 : ボク
癖 : 一人行動になるとお守り(?)に話始める
性格 : 基本的に冷静、仲間にはフレンドリー、瀕死の敵に対してドS


【経歴】
普通の人間二人の間に生まれたレプラカーン。
両親は子供の種別が違うことで対立し、虐待をするようになった。

9歳の時に3年以上の虐待から逃れるため城下町から脱出した。
しかし、行く当てもなかったため数日たたないうちに森で力尽きた。
そこに通りかかった魔女によって召異魔法の贄にされるところであったが、デーモンルーラーとしての才を見出されて弟子にされた。

11歳の時にデーモンルーラーとして動けるようになり、護身兼偽りの職業としてとしてプリーストを習得することを決める。

12歳の時に師匠がデーモンルーラーであることが知れ渡り、危害が及ぶことを懸念して互いに別れ、別々の旅をする決断をした。

道中で出会った冒険者(女性)とともに魔物退治と賞金首狩りを行うことで生計を立てていた。
この冒険者は魔物をおいしく食べる知識、食べられるものを知り尽くしていたため、知識として入っている。(魔物料理可)
また、独学により人肉を害なく食す方法、保存方法を編み出した。(人肉料理可)
こんな生活を送っていたために、命の考え方が軽くなってしまった。
賞金首は絶望に追い詰めて贄にするか食す、贄に困っている場合は「生きる希望を失った奴隷」を買って贄にすることもある。
共に行動を共にしている冒険者は「錬命術」と皮肉を言ったこともあるが、本人は「いいね、それ」と気に入ってしまった。

「人というのは儚く弱い。ボクも例外ではないけど…遊べると楽しいよ?」

15歳の時に冒険者は己の限界を鍛えるために別行動。別行動になった後、小規模の町にずっと滞在することになる。
しかし、やることは変わらず、魔物や賞金首で遊ぶ日々を過ごす。
デーモンルーラーと知られつつも町の護衛をしつつ静かに暮らしていた。

19歳の時に洗脳によって正気を失った冒険者達による襲撃が起きたため、迎撃に参加した。襲撃してきた冒険者の中には苦楽を共にした冒険者の姿もあった。
冒険者を洗脳して襲撃を行わせた魔物を撃退(倒せていない)して、一件が片付いた後に冒険者の死骸を探し出す。
「おかえり、ボクが君の代わりに強くなるよ」と言いつつ、頭蓋骨をお守りサイズに剥ぎ取ってリュックに詰める。

「新しい冒険に出発だね。あ、そうだ。ボクの師匠を探そうよ。強くなるヒントがあるかもしれない。」
「強い人達に付いていくのも良さそうだよね。今まで会ったことない新しい命の悲鳴を聞きたくなってきたや。」
「え? あの町は大丈夫なのかって? 大丈夫だよ。生存者はほとんど残ってないし、大量の贄を使ったから特別に1年くらいは手下がこっそり町を守ってくれるって魔神は言ってたよ。それと…居ても何もないよ」
「魔神? 命の遊び方を話し合ったら意気投合しちゃってね。すっかり仲良しだよ。契約は相変わらず必要だけどね。」
「悲しくないのかって? あまりなんとも思わないかな。君が帰ってきてくれてうれしいくらいだよ。」
「さ、どこに行こうか?」

少女はお守り(?)に話しかけつつ新たな冒険に出かける。

履歴

莉愛と一緒に旅の目的を話し合った。
・イナールの師匠を探すこと
・一緒に冒険する人を探す
・「殺してもいい存在」で遊び、快楽を得ること
・強くなって莉愛を洗脳した魔物で遊ぶ

セッション履歴

No. 日付 タイトル 経験点 ガメル 名誉点 成長 GM 参加者
キャラクター作成 60,000 120,000 0 器用×4
敏捷×1
筋力×6
生命×3
知力×2
精神×1

収支履歴

クロースアーマー ::-15
冒険者セット ::-100
ベルトポーチ ::-15
水袋 ::-20
食器セット ::-12
調理道具セット ::-50
テント(4人用) ::-250
火縄壺 ::-100
着替えセットと下着 ::-15
水着 ::-20
防寒着 ::-80
保存食(1週間分)*3 ::-150
荷馬 ::-1500
救命草*5 ::-150
魔香草*20 ::-2000
ヒーリングポーション*10 ::-1000
アウェイクポーション*5 ::-500
魔晶石(2点)*20 ::-4000

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice