ゆとシートⅡ for KIZ

宍戸 真之ししど さねゆき

プレイヤー:Mr.Shine

キセキ使いがいる。それで殺す理由は十分だ」

種別
オーナー
ネガイ
表:
復讐
裏:
正裁
耐久値
27=(12+11+4)
作戦力
8=(4+2+2)

ヒトガラ

年齢41 性別
過去 罪の意識:息子を喪い、殺した。それでも、俺はまだ生きている。
経緯 職務:キセキ使いの起こした暴動に、ただの機動隊員は無力だった。
外見の特徴 大きな傷の跡:片目を失明した。今でも傷は疼く。
住居 一軒家:三人で暮らしていた。一人、また一人と減っていった。
好きなもの 勉学:読書は元来好きだった。最近眠れないから、読む時間は多い。
嫌いなもの 食べ物:甘い物は好かない。息子との付き合いで、唯一苦手だった。
得意なこと 格闘技:柔道、剣道と一通りの警察武道は段位を持っている。
苦手なこと 日常生活:家事全般は苦手だ。代行サービスに助けられている。自分を守る:所詮キセキ使いを殺すためだけの人生だ。命なんかいつでも捨ててやる。
喪失 行為:笑顔を浮かべることが出来なくなった。
ペアリングの副作用 依存症:薬がなければ、もはやまともに生活も出来ない。
使命 悪:キセキ使いを殺し、その先に死に場所があるならそれでいい。
所属 SID:機動隊からスカウトされた。
おもな武器 警棒:機動隊の頃から愛用していた。

パートナー:海乃 夏歩

プレイヤー
年齢
15(享年)
性別
ネガイ(表)
守護
ネガイ(裏)
破壊
リリースの方法
マーカーを重ねる

マーカー

位置
相手からの感情1
執着
相手からの感情2
信頼
最初の思い出
ペアリングを終え、ケージの内装を買うため出かけることにした。何軒かの店を回り、ハウンドの感性に合う商品を見つける。偶然入ってきたキセキ使いとの戦いの末に勝利し、疲労困憊にも関わらず、ハウンドは俺に提案した。また今度は俺の仕事道具を買いにいこう、と。……そういえば、愛用していたペンが先日ダメになっていたな。だが、彼女と買い物にいくのは、どこか虫が落ち着かない……。

キズナ

物・人・場所など 感情・思い出など ヒビ ワレ
息子が贈ってくれた腕時計
父の日に贈られた、何の変哲もない安物の腕時計。キズナがヒビワレになってからは、思い出はないが、捨てる理由もないので使い続けている。
息子の手紙
遥夏が高校入学の日に読むはずだった手紙。俺への感謝と、海乃くんへの甘酸っぱい気持ちが込められている。殆どの遺品は処分したが、これだけは捨てられない。

傷号

1
[消耗契約]

キズアト

《傷号:消耗契約》
ドラマ ヒトガラ タイミング 対象 制限 解説
苦手:自分を守る 解説参照 単体(バレット) シナリオ1回 《消耗契約》を取得しているPCのみ対象とする。対象が[調査判定]を行なった直後に使用する。あなたは対象がロールしたダイスから1個を選び[反転]させる。その後、対象は【耐久値】を5点失う。自身不可。
決戦 タイミング 対象 代償 制限 解説
威力の強化 単体(バレット) なし シナリオ1回 《消耗契約》を取得しているPCのみ対象とする。対象が行なった攻撃の[威力]に+4する。攻撃の結果の確認後、対象は【耐久値】を[最終的な威力]点失う。自身不可。

設定・その他メモ

「息子すらも使い潰したんだ。俺の命も同じようなものさ」

「キセキ使いがいる。それで殺す理由は十分だ」

・SIDに所属する管理官。機動隊からのスカウト組であり、織川楓とはSID発足前からの昔馴染み。
・妻を亡くし、男手一つで育てていた息子、遥夏をキセキ使いに殺され、ハウンドとしてよみがえった息子とバレットを組んでいたが、遥夏を晶滅させた経緯がある。
・キセキ使いへの復讐と、我が子を使い潰した自分を罰するように、死に場所を求めんばかりにオーナーを続けている。

・大柄な体格の強面な男性。機動隊時代にキセキ使いの暴動に巻き込まれ、片目を失っている。
・無口な性格で他人を基本的に信用していない。パートナーに対しても、可能な限り事務的に接しようと考えている。
・機動隊時代から小隊指揮に優れており、的確にキセキ使いを追い詰める。

・パートナーの海乃夏歩は遥夏のかつての恋人であり、悪からず思っていた。
・遥夏の死後、夏歩にのみペアリングが可能となったことについては、「遥夏が最後まで責任を取らせようと自身を罰した結果」と解釈している。
・夏歩には、「備品としてのハウンド」として接する際は「お前」と呼び、「息子の恋人だった女性」として接する際は「君」と呼ぶ。

――散るところ 求めて狩るか 狩られるか 我が命をも 弾と同じよ

セッション履歴

No. 日付 タイトル 成長 GM 参加者
キャラクター作成

チャットパレット

使用ダイスbot: ゆとチャadv. BCDice